天然系1歳児とソーイングが趣味の母との毎日。


by momotiku

口から流血~

タラリー♪口から流血~♪(本当は鼻から牛乳だったわね)

という訳で、朝からパニックになっておりました。
え?私じゃないですよ。私はいたって冷静でした。
パニくったのはご本人のあーさんです。

というのも、何度も「危ないで」と声をかけてたのにも関わらず、
(しかも無理やり笑顔で応えていたので「やってはいけない」と分かっていたはず)
お絵かき先生の上に座って揺れていたあーさん。
朝に一気に夕ご飯の支度までしてしまう母は朝は忙しい。
という訳で放置して洗濯をしたり、ご飯の用意をしたりしていたのですが、

ごん!!!

とすごい音が聞こえた。
&ギャー!とすごい泣き声。

あーもー、このクソ忙しいのに・・とか思いつつ(冷たい?)見に行くと、
テーブルの脚の不思議な部分にあーさんのヨダレの跡があった。
しかも口を開けた形にくっきりと・・・(笑)
んで、あーさんを見ると血のヨダレがあああああ!服がああああ!そっちかよ!
泣き喚くあーさんの口を観察すると、どうやら歯が唇に刺さった?らしく、
歯型がいってた。あーあ。痛いだろうなぁ。
だからやめろって言ったのにさ。
後で見たらすごい内出血になってた。
口内炎にならなきゃいいけど。。。

というか、何であの場所にどうやって口をぶつけれたのか疑問でした。

そう言えばかなり頭が重いらしく、散歩中に普通に転び、
手をついてる状態なのにゆっくり頭が落下していき、地面にヨダレの跡がつくことも多々。
もうこけ終わってるのになぜー!?と突っ込みたくなる。
もしかしてわざと顔面ぶつけてるんじゃ?と思うくらいのレベルなのです。
しかも超スローで地面に顔ぶつけてる。不思議じゃ・・・

そんな私達は旦那もまだ休みでないので、暇してた。
かと言って近所をウロウロする気にもなれん。
しかも今日はアンパンマンショーがあったので、近所のショッピングセンターは、
間違いなくババ混みだ!!
という訳でひいばあちゃんちに行こうかと思ったのですが、
彼女達も近所のショッピングセンターに買い物に来ていたので便乗する事にする。
するとラッキーな事にあーさんの靴を買ってもらえたb
ラッキーラッキー。
その後ひいばあちゃんちに移動し、
ひいばあちゃん&叔母にあーさんをオモチャにされてる間に母はボーっとしてた。
そして母の思惑通りに疲れ果てたあーさん。
たまたま早く帰ってきた旦那に寝かしつけを丸投げし、
なんとおっぱいなしで眠ったのでした。いひひ。
これであわよくば「おっぱいやめてくれたら・・・♡」なんて思うけど、
まー無理でしょうなぁ。ふう。

最近正直な話、授乳がちょっとなんていうか嫌なのです。
添い乳はそうでもないのですが、お昼間に服をめくられて・・・というのがすごく嫌。
生理的になんか受け付けないというか、すごく不快感があって、
そういう自分にも嫌気がさしたりもして、「やめよっかなー」って多々思うのだけど、
やっぱり「寂しい」ってのもあったりして悩みます。

理想は、
だんだんおっぱい出なくなる→そんなおっぱいならいらねー→だんだん欲しがらなくなる
というサクセスストーリーが頭の中でできあがってるのですが、
未だに気を抜けば乳腺炎になる私の乳がそんな上手いこといく訳がないのも分かってる。

まぁあと辞めない理由ってのは、
多分私はあーさんにとても厳しい。
「1歳の子なんて怒っても解らない」って意見もあるけど、
私は容赦なく怒る。 
しかも、例えば「イスの上に立つ」とかかなり危険な事をしたら、叩く。
ももちゃんを叩いたら同じ強さで叩く。
叩かれたら痛いって事を分かって欲しいから。
言い聞かせたら本当は分かるのかも知れない。
けどさー、やっぱり外でよその子叩いてからじゃ遅いと思う訳ですよ。
軽くならいいけど、武器持って殴ってしまったりしたら大変だし。
(逆にされても嫌だし)
またあーさんは体もデカいし、もちろん力も強い。
だから余計に気になるってのもあるのですが。
でもまぁお陰様でお友達を叩くってのはないです、多分。
(でもひじで押したりしてるよね・・ゴメンね、いつもいつも)

まぁ話はそれたけど、そんな訳でかなり厳しくしているので、
せめて好きなおっぱいくらいは・・という部分もある。
おっぱいがないと、もしかしたら母は「ただの怖い人」になってしまうかもしれないと、
恐れてる部分もあるのです。
まだ恐らく怒られてても100%理解できてないだろうし、
「怖いからやらない」ってのも多分にあると思うから。

まーでも、本当に飽きてくれたらいいのに(笑)って思うー。
やっぱ体もしんどいのですよねぇ。はぁ。

でも今の所、次のロング休み(恐らく夏休み)には何とかおっぱい離れをさせたいなぁ、
なんて思うのですがどうなることやらー。
[PR]
by momotiku | 2008-05-03 23:01 | 1歳