天然系1歳児とソーイングが趣味の母との毎日。


by momotiku

おじさんキラー

むかーしむかし、フィットネスクラブでまだアルバイトをしていた学生の頃。
当時はまだプールのレッスンを少々・・みたいなまだ初々しい時期でした。
そんな私をえらく気に入ってるおじーさんがいて、
とっても迷惑でした(´-ω-`)

ある時は「わしと一緒にゴルフをしてくれ」と、プライベートレッスンで私を貸し切り、
通常はスタッフがお客様にプライベートでトレーニングを教えるという場が、
なぜかおじーさんが私にゴルフを指南するという場になってた。
(しかもさ、それって30分3000円くらいするのよ!なのに全くゴルフをものにできなかった私w)
ある時は「これを着て踊っておくれ」と、超エロいレオタードを渡された。
その頃アクアビクスのイントラとしてデビューしたての頃だったけど、
一応1回だけ着て封印した・・・
ある時は「いつも舞台(多分プールサイドのことか?)から笑顔をありがとう」と、
達筆すぎる手紙を貰った。
あとしょっちゅうお鮨の折り詰めをお土産に持ってきてたなぁ。

ま、でも、今思い出すと可愛いおじーちゃんでしたよ。お世話になったし。


そんな事を思い出したのは、今日ちょっとした出来事があったので。

今日レッスン前にプールサイドをウロチョロしていた私。
まだ慣れてなくて音響のセッティングに時間がかかるので、かなり早く入ってるのですが、
いきなりおじさんが近づいてきた。
「私○○と申します。最近はレッスンに入ってなかったのですが、またがんばります」
みたいな事を言ってた(本当はもっと長々としゃべってた)。
とりあえずよくわかんなかったので「ハイハイ」と返事してたのですが、

こないだコーチをずっと上から見てました。
(観覧席みたいなのがある)
って言われて、さすがに「キモ・・・」って思い、早々に話を切り上げた。

てかさ、よーく考えると普通の会員さんってそんな自己紹介してこないよ。
何となく「こんにちはー」って話が弾んで・・みたいなのはあるけどさ。
もちろんレッスンは超ド真ん中に陣取り、終始にこやかに微笑んでおられた。
帰りも「また来ます!!」と張り切って帰っていった。

そして片付けをする背後でなにやらスタッフの男の子が物言いたげにウロチョロ。
で、話をしてると、
「あの人要注意っスよ」
と言ってくれるのだが、どういう意味での要注意なのか分からん。
・精神的に危ない
・クレーマー
・ストーカー
の3択だなーって思ったけど、1番嫌なのはクレーマーかな?いや、どうだろ?
と悩んでたら、
「かなりつきまといがあるので気をつけて下さい」と言われた(´Д`|||)
まーでもさ、そういうのってこういう仕事してたらしょっちゅうあるし、
何とかなるんじゃね?って思ったりもした。

けどさ・・・

帰りに外に出たらいた
そのまま違う出口からしれっと出たけど・・・怖!

そうそう、思い出したけど旧姓もとっても珍しかった私は、
よく実家のポストにお手紙(&お菓子w)を入れられたりもした。
よく考えたら今の苗字も珍しいので気をつけなきゃいけないかもしんない。
[PR]
by momotiku | 2008-07-06 21:21 | 色々