天然系1歳児とソーイングが趣味の母との毎日。


by momotiku

びっ栗

うわー、オヤジみたいなタイトルにしてしまった=3

基本的に近所付き合いのない我が家。
14階建で居住者数も多いかと思うんだけど、狭い&古い&高いということで、
結構空家が多い。
なので付き合いがないというか、人に会わないのだ。マジで。
ハッキリ言って良いのは立地条件だけだ。設備もとっても古い。
しかも古いということで建物と共に居住者も高齢化が進んでる気がする。
ちなみに引っ越ししてきた時に上下左右に挨拶に行ったが、
どの家の人も出てきてくれず会えなかった。
その後右隣の人が新しく引っ越ししてきて会えば挨拶する仲だけど、
年に数回しか会わない始末w
(近所のスーパーとかでおばちゃんを見かけるんだけど覚えてくれてない)
見た目は結構イカつくて怖いおばちゃんなんだけど、
「最近泣き声(あーさんの)聞こえないけど大丈夫?」とか心配してくれる、
優しい隣人なのだ。

そんなおばちゃんが昨日栗を持ってきてくれた。
しかも大量♪

昨日仕事から帰ってきたきんに君がそれを見て、
「明日の晩御飯は栗ごはんがいい!」と言ってたので、
今日は朝から栗の皮むきをがんばった。

実は栗を皮から料理(処理?)するのって初めてな私。
硬いなーとブツブツ言いながらも皮を剥いてた。
そんな時、

栗ってどんぐりの仲間だよなぁ(違うかったら笑ってくれ)。
ふと頭をよぎった。

保育園行ってた時よく拾ったけど、虫が湧いて先生に捨てられたなぁ。。。


って、オイ!!!

塩水に漬けてた栗をじーッ栗(もういいって?)見つめると、怪しげな穴。
そこを包丁で切ってみると…

オエー!!!芋虫!!!
しかも切りどころ間違えて輪切りになっちゃってるよー!!!!orz


そこで気持ち的に折れてしまって栗を放置。
色々調べてみると、水に漬けて沈んだやつはOKだとか、
軽くゆでてから剥くと良いとか色々あったので、

まずは水攻め、その後釜ゆでの刑にし、とりあえず時間がきたのであーさんのスイミングへ。

帰ってきてから仕切り直してもう1度皮むき開始。

さすがにこれは水に沈んでるし、色々な角度から穴がないか見つめまくり、
「間違いない!」と思ったので皮を剥いた。
しかし、気になったので包丁で半分に切ってみた。


そこには、
やはり芋虫がいたorz

おばちゃんゴメン。もう無理だわ…
本当に勿体ないんだけどさようならしました…
なんか悔しいのと悲しいのと罪悪感で凹んでおります。
てか栗てみんなこんなモンなの?
もしかして芋虫がいるのがノーマルで、みんな「見なかったこと」にして食べてるの?
ということは今まで自分も芋虫入り栗を「まいうー」とか言って食べてたの?
はー…テンション下がる。。。

そんなびっ栗話ですた。
[PR]
by momotiku | 2008-10-02 21:50 | 1歳7ヶ月~